敏感肌でも大丈夫!顔脱毛で人気サロンはココ(^ω^) > 未分類 > 顔脱毛の自己処理による肌トラブルについて

顔脱毛の自己処理による肌トラブルについて


脱毛というと手や脚、脇の下などを連想すると思います。

しかし案外気になるのが顔のムダ毛や産毛です。
顔は隠すことができない箇所であり、毎日誰かに見せなくてはいけません。
額の産毛、眉の間、鼻の下、顎など産毛が生えているという人も多いのではないでしょうか。
顔の脱毛くらいなら自分で脱毛できる、と毛抜きやカミソリで定期的に処理している人も多いと思います。
確かに顔の産毛やムダ毛程度だったら、わざわざお金を払ってサロンにいくまでもない、と思ってしまいますよね。
ちょっとカミソリで剃るくらいで綺麗になってしまうので自分でやった方が早いとも思ってしまいます。

しかし今はいいかもしれませんが、自己脱毛を長く続けていくと肌トラブルを招いてしまうのです。
眉毛を毛抜きで抜いているという人は多いと思いますが、時々毛穴が炎症してしまったり、ニキビが出来てしまったときなどないでしょうか。
毛抜き抜く行為を繰りかえすと、毛穴にばい菌が入りやすくなったり、また毛穴がぼこぼこに盛り上がってしまいます。
また毛穴が広がったりたるみの原因にもつながってしまいます。

また、何度もカミソリで剃っていると肌の角質を落としてダメージを与えてしまったり、黒ずみや肌荒れを起こしてしまうんです。
せっかく綺麗にしようと脱毛したのに、こんなことになってしまったら悲しいですよね。
そのため、顔の自己脱毛はなるべく行わないようにし、行う場合には脱毛サロンを利用する方が綺麗な肌を保つことができるのです。

本当に怖かった!自己顔脱毛トラブル事例!

顔脱毛をして肌が明るくなる、化粧ノリがよくなる、というのは紛れもない事実。
でも、自分で処理をしたときに起こるトラブルについてもしっかりと理解しておきたいものですよね。

トラブル事例1.炎症が起きた!

特に敏感肌や乾燥肌の人に多いトラブルが「炎症」です。
そもそも産毛は肌を守るために存在するもので、例えば腕の毛を剃ったときに赤くなるような感じがこれにあたります。

毛の流れに沿って処理していなかったり、事前に十分に保湿しないまま処理を開始してしまったりすることで起こりやすくなります。
また、シェーバーに細菌が繁殖してしまっていたというケースもあります。シェーバーはお風呂での保管はNG!風通しの良い所で保管し、細菌の温床とならないよう細心の注意を払ってください。

トラブル事例2.紫外線による肌の痛み

1で述べたように、肌は産毛により守られています。
脱毛すると、顔に直に紫外線を浴びることとなり、強力なダメージを受けるのは容易に想像がつくところ。

処理を朝に行うと、その影響がモロに出る可能性があります。
処理は夜に行うよう心掛け、また、処理後の数日間は日焼け止めや紫外線対策を普段以上に入念に行ってください。

トラブル事例3.より剛毛になった

一般的に、毛は抜くよりは剃る処理のほうが良いと言われていますが、毛の剃り方によっては毛の断面がむき出しになり、剛毛に見えるようになったり、肌が「剃る」という行為により受けたダメージに対し、「守る」働きを強化することにより、さらに濃い毛を生やすケースがあります。

自分でする処理は、注意していてもプロには敵わないもの。トラブル事例を参考に、無理ない範囲で行うことをお勧めします。