敏感肌でも大丈夫!顔脱毛で人気サロンはココ(^ω^) > 未分類 > 自己処理でも安心!顔の産毛をきれいに処理する方法5ステップ

自己処理でも安心!顔の産毛をきれいに処理する方法5ステップ

顔の産毛処理にも色々ありますよね。
サロンやクリニックでの光・レーザー脱毛。
最近では糸脱毛や、良い電動シェイバーもあります。
しかし産毛を自己処理するならば、やはり定番のカミソリを使った方法がきれいに処理できます。
カミソリだと「難しそう」だとか「毛が濃くなりそう」「お肌を傷つけそうで怖い」というひとも多いでしょう。
しかしちょっと気を付けるだけで自分でもきれいに剃れますので、ここでは5ステップでその手順をご紹介します。

ステップ1 洗顔をする、メイクをきれいに落とす

お肌をきれいにしないとお肌に雑菌が入ってしまい、肌トラブルの原因になってしまいます。
例えすっぴんでも空気中の雑菌、汚れ、酸化した皮脂が付いてますので、きれいに洗顔してから処理しましょう。

ステップ2 蒸しタオルを顔に当てる

蒸しタオルで毛穴を開いてきたタイミングで剃ることにより、お肌への負担を軽減させます。
簡単に自宅でも濡れタオルができます。
水気を適度に絞ったタオルをレンジでチンするだけ。
温め過ぎには注意しましょう。

ステップ3 滑りを良くするためにクリームや乳液を塗る

お肌に優しいクリームや乳液を塗ることで、カミソリの滑りが良くなります。
何も塗らずに剃るのはNGです。
お肌の角質も削ってしまいますので注意です。
抑毛クリームを使うのもおすすめです。

ステップ4 毛の流れに沿って剃る

流れに逆らうとお肌へ負担になり、剃った毛が「太く」なった様に見えてしまいます。
剃る方向は上から下、中心から外側へ向かって剃ります。
その際に優しく手でお肌を引っ張りながら剃ると、「太く」見えないように剃れます。

ステップ5 洗顔と保湿でケア

産毛を剃った後はぬるま湯で優しく洗い、しっかりお肌を保湿しましょう。
カミソリ負けしやすい方は、濡れタオルなどでクールダウンすれば予防できます。
アフターケアも大切ですので、忘れずにお肌をいたわりましょう。

2週間に1回のペースで処理してみましょう

顔のお肌は敏感なので、頻繁に産毛を処理しなくても大丈夫です。
2週間に1回のペースで十分です。
5ステップで見てきましたが、意外と簡単ですよね。
ちょっと工夫することできれいに産毛を処理できます。
韓国人女性や、韓国の女優さんは美肌のために顔の産毛を剃らないそうですが、場合によっては剃った方が良いケースもあります。
顔の産毛を処理すれば、化粧のりも驚くほど良くなります。
またお肌の明るさもワントーン明るく見えます。
あなたも早速試してみてはいかがでしょうか?