敏感肌でも大丈夫!顔脱毛で人気サロンはココ(^ω^) > 未分類 > これでお肌も安心!顔脱毛で毛抜き使う場合の3つの注意とは?

これでお肌も安心!顔脱毛で毛抜き使う場合の3つの注意とは?


あなたは顔の脱毛をどうされていますか?
自己処理している方なら、1つは持っているのが「毛抜き」でしょう。
しっかり脱毛したい時や、カミソリが届かない場所の処理には便利ですよね。
しかし、毛抜きを使う時には注意が必要です。
ここではその注意点をご紹介します。

埋没毛に注意!

ダメージを受けた皮膚が修復されてしまうため、毛穴がふさがって毛が埋没してしまいます。
毛抜きは思った以上にお肌にダメージ・負担を与えます。
毛を抜いたら痛みを感じますよね?
特にお肌が敏感な顔は注意が必要です。
毛を抜いたあとの毛穴は傷と同じですので、お肌はその傷=毛穴をふさいでしまいます。
毛抜きで抜いても毛根はどうしても残ってしまうので、そのうち毛は生えてきます。
しかし毛穴がふさがっているので、真横やとぐろを巻いて生えてしまいます。

ポツポツができるので注意!

毛穴が広がって角栓がつまり、酸化して黒く変色してしまいます。
この黒く変色した角栓がポツポツに見えてしまいます。
また、毛抜きで抜くと皮膚が引っ張られて突起しますので、これもポツポツができる理由となってしまいます。
そして最も悪い症状は、毛穴が炎症を起こしてしまうことです。
こうなってしまうと毛穴がぷっくりと膨れ上がってしまうので、ポツポツができてしまうのです。
このポツポツの症状がさらにひどくなってしまうと、さらに厄介な症状に移ってしまいます。

色素沈着を起こしてしまうので注意!

毛抜きで毛を抜くことで、毛穴に刺激を与えて色素沈着を起こしてしまいます。
スキンケアに気を付けている方なら「メラニン」はご存知でしょう。
メラニンはシミの原因になるので、特に顔の毛抜きには注意しなければなりません。
このメラニンは刺激に対するお肌の防御作用で生成されます。
毛を抜くことはお肌にダメージや負担という「刺激」を与えてしまうので、メラニンができてしまいます。
何度も繰り返すと、メラニンが原因となって黒ずんだ色素が沈着してしまいます。
そしてこの色素沈着はなかなか元に戻らないので厄介です。
またメラニンは紫外線をお肌が受けるとできてしまいますが、顔は身体の中でも紫外線を受けやすい部分でもあるので、顔の毛抜きには注意をしなければなりません。

原因を知れば怖くない

埋没毛、ポツポツ、色素沈着など、顔の毛抜きには注意が必要です。
しかし怖がることはありません!
毛抜きを消毒してきれいに保ち、蒸しタオルなどで毛穴を開いて毛抜きをすれば、お肌への負担は軽減されます。
処理後には水を含ませたコットンやタオルをお肌に当ててクールダウンをして、炎症を防げばより効果があります。
顔は1年中人の目に触れる部分なので脱毛に気を付けてしまいますが、決して毛抜きが悪い訳ではありません。
脱毛方法さえ気を付ければ有効な方法ですので、早速今日から実践してみましょう!