敏感肌でも大丈夫!顔脱毛で人気サロンはココ(^ω^) > 未分類 > カミソリ負けの顔 その原因と対処法、そうならないためには?

カミソリ負けの顔 その原因と対処法、そうならないためには?

カミソリ負けを起こすということは、体毛とともに皮膚も剃ってしまっているからです。
丈夫な肌の場合、そのままですが、敏感肌の方は赤くなったり、色素沈着の原因になります。

脱毛は風呂上りや温めたタオルで押さえたあとの髭剃りなどを行います。
肌が柔らかくなって、カミソリもあてやすいのですが、それでも肌には必要以上にストレスをかけています。

普通肌の方も脱水状態や疲れが溜まっていたり、カミソリのホルダーの問題から、どうしてもカミソリ負けをしてしまうことが多いです。
男性は毎日の髭剃りで体験されていることですが、体毛や産毛を剃るために体に使うこともありますが、同様にカミソリ負けを起こすことがあります。

カミソリで肌を傷つけるのですから、オロナイン軟膏なども有効ですが、その後ブツブツができたり、傷つけることもあります。
肌荒れの原因などにもなります。

そんなカミソリ負けを起こさない方法として、
・シェービングクリームは絶対ケチらない
・敏感肌の方は絶対に肌に直接刃を当てないようにする
・腫れや痛み、かゆみがあるときには行わない
・ニキビがあるときには行わない
などです。

どうしても脱毛しなければならない時のためには、電動フェイスシェーバーや電動シェーバーを用意しておくことをオススメします。
男子ならお持ちの方も多いですが、女性も一つあるとなにかと便利です。

そして、十分な泡で毛を剃ったあとは、化粧水で十分に水分を与えて、その後は乳液で蓋をしてください。
このケアが絶対に大切です。
カミソリ負けをしてしまうのは、このケア不足にもあると言えるでしょう。

そして、毎日行う場合、特に男性の髭剃りなどでは、カミソリを使用するのを2日1回くらいで、その後のケアを女性並に行うことをオススメします。
癖になると、それほど面倒ではないです。

面倒と言えば、髭剃りが大変という方は男性も脱毛することをオススメします。
最近は、メンズエステなどで、ほぼ全身の脱毛が可能ですから、気になる毛をキレイにしましょう。

女性は、顔脱毛をして、特に産毛がなくなることで、ピカピカの肌、ワントーン上の鮮やかさが出ます。
そして、化粧のりが全く違うので、是非お試しください。

カミソリ負けでニキビがある顔、おまけに肌荒れをしていたり、特に敏感肌の方は、毎日のむだ毛ケアは最低限で良い脱毛施術を受けることをオススメします。
エステ、クリニックなどでは無料カウンセリングを受けることができます。